人の気持ちを考えてみよう。

距離を置きたくなる時というか、距離を置いた話になるかも知れませんが書きます。 自身が高校生の時の話です。高校入学して違う中学校出身の友達がその子でした。すぐ仲良くなり部活も同じで学校が休みの日も一緒に遊んだりしていました。 自分には呼吸器系の持病があり、その事はその友達も知っていたと思います。一緒に竹ノ塚の調剤薬局に着いてきてもらいたいと思ってたある日に調子があまり良くなく咳き込んでいると自分の口を腕で塞ぐような仕草をして『それ感染らないよねぇ~
』みたいな事を半笑いで言われました。呼吸器系の病気など勿論個人の気管の問題なので周りに影響ない事などわかりきったことだと思ったので内心『何言ってんの??』という気持ちで何か反論はしたと思うのですが言われた言葉の印象が強すぎて何て言い返したかは自分で覚えていません。感情的になって言い返してもなぁと呆れもあったのだと思います。”ありえない”と思ったのは確かです。 何とか友達付き合いはしてましたが持病の事だけではなく自分が当時の彼氏とごちゃごちゃしている時に『もしかして別れたんじゃ・・』と人の不幸を喜ぶような笑いで聞いて来たときに在学中は表面的な付き合いだけで卒業したら付き合いはないなと思ったらその通りになり、卒業して15年以上経過した今も何の接触もないですし地元を離れた事もあって今後も付き合う事はないと思います。自分は人の気持ちを考えて行動したり発言したりしようと思った最大のきっかけになった出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です