友達として親切にして信頼関係を築くつもりが利用されてた

20代の頃、お稽古で知り合ったばかりの一つ年上の女性です。
結婚したい、お見合いをしたいと言うので、世話好きの私の母に頼んでみました。
私はまだこの新しい友人ほど結婚願望がなかったし、この人の条件とは違っていたので
この人の縁談をどれひとつうらやましいとは思いませんでした。
この人は母の学校の後輩だったので、同窓会の支部の人が紹介してお見合いしました。
が、うまくいかず、なぜかその同窓会支部の人が、次から次へとこの人の縁談を持ってきました。
それも、お宅は友達だからと、我が家へ来て、お茶お菓子で接待する私の前でこれ見よがしに話すのです。
私にその場で友人に電話するようにと、顎をしゃくって指図し、私も巻き込もうとしました。
友人は友人で、うちで縁談の話をしている→自分に言って来る縁談より良い縁談を私がとっているのではと
勘ぐり出したようで、色々と探りを入れてきました。
特にこの人のお母さんがそう思っていたようでした。
これは後で冷静に考えてそうだったのかと思ったので、その時点では、同窓会支部の人がだんだん友人の条件とは
かけ離れた縁談を持って来ることと、同窓会支部の人の私に対する態度でなんだかなと思っていました。
お茶やお菓子を出して接待し、同年代の人に縁談を世話しても、感謝されたり恐縮されるどころか、
どや、うらやましいだろ、というにやにや顔で嫌味を言われたり、友人には探りを入れられるわけですから
精神的に参ってしまったのでした。
でも、大人だからと思って、私はこの同窓会の支部の人が、友人によく知っている良い方を紹介しているとかばったつもりで
開業したての歯医者さんの縁談を頼まれたが、よく知らない人なので断った話をしたんですね。
ところが、友人のお母さんが、支部の人が持って来た次から次の他のしょうむない縁談の話のときに、電話で母に
あの歯医者さんはどうでしょうと言ったので、母はびっくりして走り回っていました。
私はそんなつもりで話したわけではないし、母にはあれは違う話だおしゃべりと叱られるし、散々でした。
結果として、歯医者さんには断られていましたが、こりゃだめだと友人とは距離を置き、お稽古を辞めてしまいました。
数年後、もう名前も忘れたころ、この友人のお母さんから電話がかかって来て、お嬢さんはお元気ですか、
うちの子は結婚が決まってどこどこへとか言われたと母が言っていました。
知らない間にライバル意識を持たれていたのか、親切にしたつもりだったのになと、
なんだかあほらしくなりました。
なんかやな空気に流されている気がしたので、風水的に水回りをキレイにしたいので洗面台だけリフォームすることにしました。

人の気持ちを考えてみよう。

距離を置きたくなる時というか、距離を置いた話になるかも知れませんが書きます。 自身が高校生の時の話です。高校入学して違う中学校出身の友達がその子でした。すぐ仲良くなり部活も同じで学校が休みの日も一緒に遊んだりしていました。 自分には呼吸器系の持病があり、その事はその友達も知っていたと思います。一緒に竹ノ塚の調剤薬局に着いてきてもらいたいと思ってたある日に調子があまり良くなく咳き込んでいると自分の口を腕で塞ぐような仕草をして『それ感染らないよねぇ~
』みたいな事を半笑いで言われました。呼吸器系の病気など勿論個人の気管の問題なので周りに影響ない事などわかりきったことだと思ったので内心『何言ってんの??』という気持ちで何か反論はしたと思うのですが言われた言葉の印象が強すぎて何て言い返したかは自分で覚えていません。感情的になって言い返してもなぁと呆れもあったのだと思います。”ありえない”と思ったのは確かです。 何とか友達付き合いはしてましたが持病の事だけではなく自分が当時の彼氏とごちゃごちゃしている時に『もしかして別れたんじゃ・・』と人の不幸を喜ぶような笑いで聞いて来たときに在学中は表面的な付き合いだけで卒業したら付き合いはないなと思ったらその通りになり、卒業して15年以上経過した今も何の接触もないですし地元を離れた事もあって今後も付き合う事はないと思います。自分は人の気持ちを考えて行動したり発言したりしようと思った最大のきっかけになった出来事でした。

お互いプラスになるような関係性がなくなったら距離を置きます

私が友人と距離を置きたくなる時とは会っても、話をしても「刺激」がなくなり、プラスになるような関係性でなくなった時です。私は現在40代ですが若いときのように、たくさんの友人が欲しいとは思わなくなりました。昔は売り子のお仕事していたので、友達がたくさんいたのですが・・・また結婚して家庭もできましたから、以前のように自由になる時間も少ないです。そのような考えや環境になり、次第に私が友人に求めるものはお互いが高めあえるような、プラスになる「刺激」です。ですから、会ってもネガティブな話しかしない、こちらを頼るような姿勢ばかり見せる、などがあると私としては距離を置きたくなります。エピソードとして、私には同期入社をした約20年来の友人がいるのですが、お互い子どもの性別が同じで年齢も近いことから、年に数回会っては食事をしたり子どもを遊ばせたりというお付き合いが続いていました。独身時代はよく一緒にお買い物に行き、食事の際には仕事や恋愛の話などをしていたものです。しかし結婚して子どもが産まれると、会って話をしても彼女の口から出る言葉は愚痴ばかりです。ご主人やご両親、職場の人間関係に関しての愚痴ばかりで、こちらに「どうしたらいい?」とばかり聞く始末です。私も最初は彼女も大変なのだろうと愚痴を聞き、アドバイスもしていましたが、いつまでたっても同じことの繰り返しです。ですので私としても正直疲れてしまいました。愚痴を聞くのも体力が必要ですし、聞いていてもこちらは面白くも何もありません。そしてそんな愚痴ばかり言う彼女の姿を見ると同情よりも虚しさだけが残ります。こちらも折角時間を作って会っているのに虚しさだけが残るようになると、これからも友人として付き合うことに次第に疑問を感じるようになりました。やはり友人とはお互い刺激を感じプラスになるような関係性で居たいと思いますので、それが保てなくなった時には距離を起きたくなります。

片方が片方に負担を強いる関係は、友人関係とは言わない

友人と距離を置きたくなる時はお金の問題が絡んだときです。本来であれば友人関係というのはお金には変えられない価値があるものだと思いますが、現実問題として片方がお金の問題を抱えると付き合っていくことは難しいと考えます。具体的に私が過去に経験したのはそれぞれ別のある2人の友人のことです。1人目は最初は前髪カットの千円ぐらいだったのですが、私からちょくちょく1,2万円を借りてくるようになった友人について、最終的に合計で10万円まで貸しましたがこちらの心理的負担が大きくなったので友人関係を終わらせました。2人目は直接的なお金の貸し借りはなかったものの、遊びに行くと必ず私がご飯をおごり交通費を出すという関係になっていました。私はごく普通のサラリーマンなので1回3000円程度を数回おごったところで私の生活が困るようなことは全くないのですが、一番嫌気が差したのは私の奢り前提で注文した料理をしばしば残していたことです。普通の人間の感覚として、人の財布だからといってそんなに気楽に金銭を無駄にするようなことが出来るのでしょうか?その友人はいわゆるフリーターだったので収入が少ないことは知っていたのである程度のことは目を瞑っていましたが、それらの細かい行動に嫌気が差しこちらも友人関係を終わらせました。後日この2人は、前者の人物は謝罪とも取れるし言い訳とも取れるような言動、後者の人物は謝罪をしてきましたが、おそらくこれらのような性格の人間はここで許したところでまた同じことをするでしょう。なので完全に付き合うことをやめ、もっと自分にとってためになる友人たちだけと付き合いを続けています。

親しい友人とのお金の貸し借りについて。

私にも友人は何人かはいます。
元の高校の友人、大学で遊んだ友人、会社での友人です。
しかし私の信条として友人とはある程度距離を置くようにしています。
あまりどっぷりとつかるのは好きではありません。
したがってあまり家族ぐるみの付き合いは少ないです。

まあ友人の何人かとはそこそこの付き合いはしています。
奥さんともよく知っている友人もいます。
家族同士で一緒に旅行したこともあります。
これもまだ子供が小さいころです。

大学時代の友人とはお互いの家まで泊まりに行ったこともあります。
今でも付き合っているのは元の高校の友人の何人かです。
それもある程度年を取ってからの付き合いです。
10数人で温泉学会と称して一緒にあっちこっちの温泉に1泊旅行をします。
今も年2回春秋にドライブ旅行します。
これでその個人の人となりは少しは分かります。
しかしあまりお互いの家に行ったり来たりはそれほどしません。

私は金の貸し借りにはかなり気を使っています。
大学時代の友人とはお互い貧乏だったので、お金の貸し借りはしました。
それも一時のものです。仕送りが送られてきたら、すぐ返してくれました。

会社の同僚や友人にお金を貸してくれと言われたこともあります。
しかしそれは朝早くてATMがまだ開いていないとかの時です。
すぐ返してもらいました。
このような一時のお金の貸し借りではなくて、長期に貸してくれというときは、ちょっと距離を置きたくなりますね。

私の中学からの友人で大学から会社勤めまで付き合っていた友人がいます。
それがあるとき部下が金を使い込んでしまったので、それを返す必要があるので少し貸してくれと、私の会社に来ました。
私はいやな予感がしましたが、子供のころからの友人ですから、むげに断ることができませんでした。
それで10万円貸しました。
私は部下ではなく、自分で使いこんだのだろうと思いました。
多分この金は返ってこないだろう思いました。
その後やはり何年もそのままです。
そのころ他の友人の所にも金を借りに来たとか。
その後うわさでは離婚もして、元の会社もやめたという話でした。
その友人とはその後会っていません。
お金で友人をなくしたことになります。

そのため通常のお金でない貸し借りの時には距離を置くようにしています。